教えて!葬儀情報ガイド~八尾~


ホーム > 八尾の葬儀情報 > 八尾市で選べるさまざまな葬儀スタイル

八尾市で選べるさまざまな葬儀スタイル

 八尾市のような都市部で葬儀を行う場合は、従来の葬儀である一般葬をはじめ、それ以外のさまざまなスタイルの葬儀を選ぶことが可能でしょう。
「一般葬」というのは昔からよくある大規模な葬儀のことですが、最近では小規模なスタイルの「家族葬」や、シンプルなスタイルの「一日葬」「火葬式」などがあります。
ですので自分の希望や、生活スタイル、そして予算に合わせたものを選ぶことが出来るのです。
しかし参列者の人数が多く見込まれる場合や、葬儀を豪華にしたい場合などは、従来からある一般葬を選ぶとよいでしょう。
一般葬は、費用面では最も高額な葬儀スタイルになりますが、大勢の方と一度にお別れが出来るため、社会的な人間関係を重視するという従来的な考え方を大切にする方に向いていると言えます。

 小規模なスタイルとして知られる「家族葬」は、遺族や親族、そしてごく親しい友人・知人などに参列者を限定して行うのが大きな特徴です。
参列者の人数は、遺族だけの数名程度の場合から、親族や友人・知人を含めた30名程度の場合までさまざまであり、呼ぶ範囲は自由に決めることが出来ます。
家族葬のメリットとしては、身内だけの葬儀なのでゆったりとした気分で行えることや、葬儀費用を比較的安く済ませることが出来ることなどが挙げられるでしょう。
実際の費用については、葬儀本体費用だけで見ると50万円程度が相場だと言われているため、100万円以上かかる一般葬より安く出来ます。
ただし家族葬は参列者を限定するため、葬儀に参列出来なかった方が後日自宅まで弔問に訪れるケースも珍しくないので注意しましょう。

 シンプルなスタイルとして知られる「一日葬」は、通常行われる通夜を省略するのが大きな特徴となっています。
ですので、文字通り一日だけのスケジュールで告別式のみを行うため、その分、葬儀にかかるさまざまな負担を減らすことが出来ます。
一日葬の葬儀本体費用については、家族葬よりも安い30万円程度が相場だと言えるでしょう。
次に挙げられる「火葬式」は、通夜も告別式も省略して火葬のみを行うという極めてシンプルなスタイルになっているのが特徴です。
そして火葬式の最大のメリットは、葬儀費用が格安で済むということであり、葬儀本体費用は20万円程度が相場になります。
それに火葬式の場合は飲食接待費用や寺院費用(お布施)もかからないため、基本的には葬儀本体費用の20万円だけで済ませることが可能だと言えるでしょう。

ページトップへ