日本にも広まり始めている「VAPE」の特徴

VAPE(ベイプ)は電子タバコの通称であり、タバコやミント、フルートなどの様々なフレーバーのリキッドを加熱して吸引する煙をつくり出します。日本国内で取り扱いが認められているVAPEは薬事法の規制があるためニコチンが一切含まれていません。また、吸引する煙はリキッドを加熱してつくり出した上記であるため、臭いが付きにくいのも特徴です。VAPEを愛用するためには本体の購入のため初期費用として5000円?10000円程かかりますが、紙タバコを1日1箱吸うペースで消費しても月にリキッド1本の1、000円程しかランニングコストがかからないため、1箱400円以上する紙タバコよりも経済的です。なお、喫煙所以外でも使うことは可能ですが、日本では十分に認識されているとは言えないで状況であるため、駅などの公共スペースで使用する際は注意しましょう。

VAPEを愛用したいなら

最近、タバコではなくVAPEを愛用している人が増えています。電子タバコの通称でもあります。とはいうものの、タバコの形をしたものだけではなく、さらにスタイリッシュになったデザインが増えています。さらにタバコを吸っていなかった人でもお洒落で利用しているようです。ここで気になるのがどこで購入するかでしょう。とはいっても、ネットを利用したら案外、簡単に購入できます。ただ、ここでVAPEはどんな構造になっているのでしょう。ちなみに「カートリッジ」「アトマイザー」「バッテリー」の3つの部品です。分解が可能なのでメンテナンスもしやすいです。さらに日本で出回っているものはニコチンが入っていないので安心です。さて、気になるのが金額です。確かに購入する際、初期費用が高いと感じるかもしれません。しかし、使い回しができるので経済的です。

VAPEの専門店も日本に登場しています

リキッドタイプの電子タバコとして注目されているVAPEですが、最近日本でも専門店が登場しています。デザイン的にもオシャレで女性からも人気が高まっていますので、興味のある方はインターネットでVAPEについて調べてみてください。専門店はまだまだ都市部が中心で地方では購入できるお店が無いので、インターネット通販を利用して購入するのがオススメです。料金もリーズナブルで手に入りやすいですし、普通のタバコと違い周りに健康被害を及ぼす心配も無いので、気軽に吸えるアイテムとして持っておくと便利です。リキッドタイプのフレーバーの種類も非常に豊富で好みの味がきっと見つかりますので、現在タバコを吸っている方は禁煙も兼ねてVAPEを一度試してみてください。電子タバコには他にも色々と種類がありますので、一通り試して自分に合ったものを見つけましょう。